辞世の言葉

吉田松陰 安政6年(1859年)10月27日没 30歳安政の大獄 最後の死刑

身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂

やまとだましい わが民族に残りし 思い入れのあるやさしき言葉と理解しよう。

写真は、ゴボウの花

 

 

投稿日:2022/03/11   投稿者:永瀬 潤一