西行法師の最後

願わくは花の下にて春死なんむそのきさらぎの望月のころ 文治6年(1190年)2月16日生涯を閉じる願った通りの死を迎える。思い通りに生きたのだろうか?最後は満足ですか。満開の桜咲くとき。思いはいかに

ぼちぼち 何を願うか最終コーナー  西行法師 羨ましくもあり うらやましくもなし

投稿日:2022/05/17   投稿者:永瀬 潤一